スポンサーリンク

真夏の我が家のビカクシダ。猛暑どうのりこえる?

暑いです。マジで。

暑すぎでビカクシダも
私もバテバテ。

ニュースでは
最高気温が40?41?度近いとか
言ってますが我が家のベランダも
最高気温は遮光80%にしても38度近い。

遮光しなかったら
何度まで上昇するねん!

っていう事で
天気予報の
”最高気温”って
どのような条件で測定しているのか
少し調べてみました。

気象庁HPを観てみると

気温の観測は、風通しや日当たりの良い場所で、
電気式温度計を用いて、芝生の上1.5mの位置で
観測することを標準としています。
また、電気式温度計は、直射日光に当たらないように、
通風筒の中に格納しています。通風筒上部に
電動のファンがあり、
筒の下から常に外気を取り入れて、
気温を計測しています。

なんやよくわからんけど
風通しや
日当たりの良いとこの、
芝生の上1.5mの位置で
観測してるんやな。

っていう事は、
ニュースで知る最高気温は
アスファルトジャングルの
わが街では当てはまらないもよう。

なら、
ベランダの遮光下での温度にも納得です!

とりあえず
ニュースで流れる最高気温に
+αして考えないといけないって事かな。

解釈、間違ってたらすいません。
基本、学業面はアホなので。

なんしか、
真夏は人間にもビカクにもキツイです。

そりゃ
家に帰ったらこんな風になってますよね。
ネザーランズ

夏場 ビカクシダ 管理

写真は室内で撮影しましたが普段はベランダ管理です。

バテバテのダレダレ状態。
胞子葉がクルクル丸まってます(泣)

っていうか、
仕事に行っても
ベランダのビカクが心配で心配で
精神衛生上あんまりよくないです。

家に帰ってきても
ベランダを覗くのが怖い。

昼はバテバテのダレダレでも
少し気温が下がる夕方から
胞子葉が戻ってくれる子も中には
いますが、
夜になっても元に戻らない子もいます。

僕は期本的に夜に水やりしています。

胞子葉がダレダレのビカクについては、
その時は水苔の乾燥具合や
ビカク自体を持ち上げ
重量を確かめて
乾燥と軽さで確信できた場合のみ
そのビカクに水やりしています。

ダレダレのビカクの苔が
濡れている時や
持ち上げて重たい時は
絶対に水やりをせず、
室内に取り入れ
軽くサーキュレーターを
回して養生させてます。

去年の夏は、
何も知らなかったので
ダレダレのバテバテのビカクを
見つけたら見境なく水をあげてました。

無知って怖い(苦笑)

完全バテているビカクに
追い打ちをかけるような事してました。
何株かは、そのまま天国に(泣)

だから去年の教訓を生かし、
今年は慎重に慎重に
ビカクをチェックして水やり。

晩御飯も食べず
汗だくになって
やってます(笑)
私もダレダレです。

上の写真のネザーランズは、
完全に水苔が乾いてました。

爪でツンツンすると
サクサク?した感じの音が。

水苔 カチカチ

とりあえずこれくらいの状態であれば
水あげてよし!
っと、自分なりに判断して
しっかりドボンしてます。

翌朝のネザーランズはコチラ↓

ネザーランズ 回復

おおーっ!
完全復活とは言えませんが、
あのくるくる胞子葉が
真っ直ぐに伸びてくれました。

よかったー。
ほんと!

ネザーランズだけでなく

ほかのビカクも
写真で比較できるように
撮影してみました。

こちらはヒリー・パナマ。
ヒリー パナマ 水やり

よる10時頃の様子です。
完全に疲れてはりますね(泣)

この子の水苔の乾燥具合や
軽さを確認し、
水やりをしてよいと判断し
しっかり水をあげました。

翌朝のパナマ↓

こちらは見事に復活してくれました。
胞子葉が活き活きしているように
感じますねーー!

ここまで戻ってくれると
ひと安心です。

そして、
またまた
比較した動画も作ってみました(笑)

水やりやサーキュレーターで
復活してくれる子はいいのですが、
やはり一定数ですが
完全に弱る子もいます。

夏の太陽光をしっかり
浴びさせたい気持ちもあるのですが
そこまでして無理をさすのも
どうしたものかと。。。
悩みに悩んだ結果。。。。

全ビカクを
室内管理に変更しました。

こんな感じです。

ビカクシダ コウモリラン 室内管理

室内の環境は
梅雨の時に対策したので
準備は出来ています。
太陽光には及びませんが、
窓が多く、1日中明るい部屋
プラス、
植物育成ライト
プラス、
サーキュレーター
なんとか行けるかと。

徒長する位で済むなら
僕的には室内で
いいように思います。

そして、実際に
一昨日から室内管理に移行しましたが
昨日仕事から帰ってビカクを見ると
朝と表情変わらずで、いい感じでした。
ですので
当面この管理で行ってみようかと。

でも
やっぱり太陽光もあててあげたいので
この暑すぎる真夏だけ
室内管理にしたいと思います。

残暑くらいになったら
ベランダに
戻そうかなー。

ちなみに、
僕のこのブログ全体に
言える事なんですが
僕の家の条件・環境、失敗、
本やネットで調べる、
ビカクシダの先輩方から見聞きする。
それらを複合的に混ぜ合わせ、
自分なりに飼育しているので、
まだまだ手探り状態です(汗)

僕もまた管理方法や飼育方法など
気づいた点や変更店など
ビカクシダについて
正直にブログに書いていくつもりです。

なので、
今回の僕のやり方で

ダレダレのビカクが復活するか
どうかの保障できません。
そこらへんは、どうぞご理解ください。

っとまぁ、
長々とブログを書いてしまいましたが、
僕が言いたい事は、

とりあえずこの子達と
猛暑乗り越えたい!です。

最後まで
読んで頂きありがとうございました。

それでは。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事