スポンサーリンク

LED植物育成ライトを買ってみた#1

IKEAの植物育成ライト
VÄXER(ヴェクセル)を使っていたのですが
廃盤になると噂をききました。

現在IKEAサイトでもほとんど売り切れ。
在庫なし状態。

IKEAの植物育成ライトは、
色んなサイトで転売されていますが、
IKEAの植物育成ライトといえば
なんと言っても
コストパーフォーマンスだと僕は思うので
転売されている所から買うのは
ちょっと意味がないような気が。。。

なので、
新たなる植物育成ライトを探し出す旅に。

旅といっても
ネットサーフィン(笑)

仕事帰ってきてから、
PCと、にらめっこ。

今回の
育成ライトを選ぶ基準は2点。
”安い”ということ。
そして、
”消費電力も低め”ということ。

そして、見つけました。

BEAMTEC”さんの植物育成ライト
BEAMTEC LG13W-PAR38
お値段はおひとつ、1050円(税込)
消費電力も13w
条件クリアです!

さっそく、

4灯セット商品を注文してみました。

ビームテック 植物育成ライト

室内 植物育成ライト

パッケージも梱包もしっかりされています。

ケースの裏には

”LEDの優しい光で植物をすくすく育成”と

書かれています。BEAMTEC 育成ライト

とりあえず、開梱です!

バイクのベーツライトのような形状。

植物育成ライト 防滴

防湿・防雨型と
記載されているように
しっかりとした作り。

植物育成ライト 13w

実際に持ってみて感じた事は
ずっしりとした重さ。

実際にどれくらいの重さなのか
測定してみました。

レビュー 植物育成ライト

392グラム。
少し重量感ありって感じ。

ダクトレール 

とりあえず実際にダクトレールに
取り付けてみました↓

植物育成LED ダクトレール

IKEAの育成ライトより
少し大きい感じです。

さて、どんな光を発してくれるか!
ライト、オンです!

育成ライト 観葉植物

眩しすぎず、優しい紫色です。

わくわくします。

手を近づけてみるとこんな感じ。

紫色 ピンク色 LED

植物業界の育成ライトは
太陽に近い色が最近では、
流行していますが
僕はこの色が結構好きかも。

実際まだ使い始めたばかりですし、
なによりIKEAの植物育成ライトと
併用していますので、効果が体感しにくいですが
様子をみてみたいと思います。

 

今回も動画あります^-^
ブログでは説明しにくい点も
ありますので動画にしてみました。
ご興味のある方のみ、ご覧ください↓

メーカーさんが商品解説されている
Youtubeのページも見つけましたので
貼り付けときます。


さいごまで、
ブログ読んでくださって
ありがとうございました。
最近仕事が忙しくて
ブログ更新できていないですが
これからもよろしくお願いします。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事